FC2ブログ







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ANAアメックス提携カードの魅力!

ANA提携カード

昨年年末に、アメックスにとって初の国内エアラインとの提携カード「ANAアメックス提携カード」が発売されましたよね。アメリカン・エキスプレスは全日本空輸株式会社(ANA)とクレジットカード事業で提携し3種類のANAアメリカン・エキスプレス提携カードが選べるようになりました。ANAとの提携カードは既に「ビザ」「マスターカード」「JCB」などのブランドがありましたが、旅行・ホテルに強みを持つアメックスの参加は個人のカード戦略に見直しを迫る可能性が十分ありインパクト抜群です。

「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」は「ANAマイレージクラブ」のマイルに移行可能なポイントを貯めやすいサービスが持ち味です。提携カードでの支払いで貯まった「ANAアメリカン・エキスプレスメンバーシップ・リワード」のポイントを1000ポイント(=1000マイル)単位でマイルに移行できる。カード利用100円を1ポイントと換算できるようになります。(一部加盟店を除く)。

 ANAグループでのANA航空券購入や、機内・指定ショップでの支払いに「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」を使うと、通常の1.5倍のポイントが貯まりますし、「同ゴールド・カード」「同スーパーフライヤーズ・ゴールド・カード」なら通常の2倍になります。

 原則としてポイントの有効期限はないので、じっくりポイントを貯めてマイルに移行できます。アメリカン・エキスプレスのメンバーシップ・リワードの300種類以上の特典と交換することも可能です。

 ただ、ゴールドではない「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」にはポイント有効期間(3年間)があるので気を付けてください。有料のポイント移行コース(年5250円)に参加すれば、ゴールド同様、有効期限がなくなります。


気になる年会費!ANAアメリカン・エキスプレス提携カードには、「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」「ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」「ANAアメリカン・エキスプレス・スーパーフライヤーズ・ゴールド・カード」の3種類があります。本人用の基本カード年会費はそれぞれ5250円、3万2550円、3万2550円です。「同スーパーフライヤーズ・ゴールド・カード」の応募資格はANA「ダイヤモンドサービス」、ANA「ダイヤモンド事前サービス」の提供を受けているメンバー本人、ANA「プラチナサービス」、ANA「プラチナ事前サービス」の提供を受けているメンバー本人となるそうです。

また、ANAカードマイルプラス提携店・対象商品を購入の際、同提携カードで支払うと、メンバーシップ・リワードのポイントとは別になんとマイルが自動積算されますし、ANAが加盟している世界最大級の航空連合「スターアライアンス」各社の便への搭乗でもマイルが貯まります。ANA運航便搭乗時のボーナスマイル積算をはじめとする、ANAカードの特典・サービスも利用でき、ANA国内線ではSKiPサービスが使えます。

 
入会のポイントは、ANAグループでの購入・支払いで2倍のマイルが貯まるメリットと、アメックス提供の旅行・保険サービスの魅力でしょう。提携カードではない通常の「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」の年会費は2万7300円で、今回の提携カードとの差額は5250円。マイルの貯めやすさ分として納得できれば、検討の余地はありそうです。
スポンサードリンク


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://naporeon2945.blog13.fc2.com/tb.php/3-1e1eb34c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。